FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C93戦利品感想 コスプレ売り子阿武隈改二(笹松しいたけ・著)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
さて、冬コミが終わって1週間になりツイッターには感想が来ている頃だと思います。今回は会場で気になる本を手に入れたのでブログで書いてみることにします。タイトルは以下の通り。題字をクリックするとメロンブックスの通販サイトに飛びます。

コスプレ売り子阿武隈改二

表紙と挿し絵を妹に描いてもらうという業の深さ以上に、国会図書館に納入するということで「そんなに気合いが入っているくらい自信があるんだったらいっちょ買ってみるべ」と思い手に入れました。強気なこと言うと気になる人が出てくるから皆どんどん色々言っていいと思います。

思いっきりネタバレしてしまうので未読の方はブラウザバックで。



内容は最近ちょこちょこ出てきた「サークル主と売り子のオフパコもの」で、この本もヒロインは阿武隈ではなく、「阿武隈のコスをしている売り子」です。そこんところ間違えないでもらうと助かります。
同人作家からの視点と売り子からの視点が交互に出てきて、最後に繋がるという展開も面白い。

序盤から笹松節を飛ばしており、ツイッターを見ていると笑いをこらえるのに必死になってしまのであまりオススメしません(笑) 売り子に言わせているのもまた笹松さんらしいといえばらしい。最後の下着を「美味しそう」と表現してしまうのもまた笹松さんにしか書けないかも。「大門と浜松町」とか言ってるところ、早口になってたりするんだろうなとか思ったり。

個人的に感心したのは「サークル主がエロ同人漫画作家であること」がきちんと書かれているところでした。同人即売会ってエロ本が頒布されているのはもちろん、小説やら評論やらグッズやらと色々あるわけで、単に「サークル主と売り子がオフパコする」んだったら何でもいい訳ですよ。でも、今回の場合は「作中の漫画に出てきた場所」が重要な要素になるわけで、これがもし佐藤大輔作品二次創作だとか、献血本とかシウマイ弁当本だったら成り立たないわけですね。こういうところを描写しているというのは盲点でした。ただ単に流行っているからという理由で漫画描きにしていないのがGood。

あとは、主人公がSNSや行動ではセックスするということをビンビンに出しているのに、いざ事に及ぶようなことになったときにできないのがとても童貞らしくて、「そうだよ、いざヤろうとしたときに躊躇しちゃうのが童貞だよ! 積極的にいってたら童貞なんかやってないよ!!」って心の中で叫んでました。リアルすぎる。

個人的に一番好きな部分は16ページ目最後の段落です。よろしくどうぞ。
というわけで、スケベ以前に面白い本なので皆も買おう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。